糖尿病につい

糖尿病はナゼ恐い?〜糖尿病は「血管ボロボロ病」〜
現状、日本人の18%が糖尿病、または予備軍

 糖尿病が増えてきた原因はいろいろ考えられますが、日本人の食生活の欧米化が、大きな原因になっていることは間違いありません。この数十年で日本人の食事内容は大きく変化し、脂肪をたくさん摂取するようになってきました。それに歩調を合わせるように糖尿病も増えています。脂肪の多い高エネルギーの食事を続けた場合、日本人は欧米人より、糖尿病になりやすい体質であることが明らかになっています。その他にも交通 システムの発達による運動不足、複雑な文明社会でのストレス、環境汚染による活性酸素などの要因も重要です。
 また、多くの人が健康診断などで糖尿病の可能性を指摘されているにもかかわらず、『たいしたことはないだろう』と、放置してしまいがちです。これも、糖尿病患者数の増加につながっています。
 糖尿病という病名が良くないのでは、とも考えられます。『単にオシッコに糖が出る』病気で、何も自覚症状がないので、何もしないという図式になっています。病態は高血糖が血管を破壊してさまざまな症状を呈する恐い病気なので、むしろ『血管ボロボロ病』という病名が適当だと思われるのです。
 「血管ボロボロ病」と言われれば、糖尿病がどれほど全身の血管をむしばみ、やがて合併症と言われる生命すら落としかねない病気が現れてくる恐ろしい病気だということが、容易にお判りになるでしょう。
 だからこそ、今までの方法、食事、運動、薬物療法に加えて、ハーブなどが必要なのです。

糖尿病の起こり方

 糖尿病の発生メカニズムは次のようになっています。食事をすると、食品に含まれる糖質はブドウ糖に分解され、小腸から吸収されます。吸収されたブドウ糖は、いったん肝臓に送られ、そこから血液中に送り出されているのです。この血液中のブドウ糖が「血糖」で、脳や筋肉などでエネルギー源として利用されます。食事をして血糖が増えると、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌され、その働きによって、血液中のブドウ糖が筋肉細胞や脂肪細胞に取り込まれます。このようにして、血糖値が高くなり過ぎないように調節されているのです。

 では、インスリンは血液中のブドウ糖をどのようにして細胞内に取り込ませるのでしょうか。すい臓から分泌されて血液中に入ったインスリンは、細胞の表面 にある受容体と結合します。すると、細胞がブドウ糖を取り込める状態になるのです。インスリンという「カギ」によって、細胞のブドウ糖を取り込むドアが開くのだと考えれば判りやすいでしょう。
 ところが、脂肪細胞などから「阻害物質」が分泌されると、インスリンが「カギ穴」(受容体)と結合しても、その情報がうまく伝わらなくなり、細胞のドアが開かなくなってしまいます。そのため、血液中のブドウ糖の取り込みが悪くなり、血糖値の高い状態が続いてしまうのです。これが「糖尿病」です。血糖値が高いと、すい臓はさらにインスリンを分泌しますが、阻害物質があるために十分な効果 が現れません。そのうちに、すい臓の機能が衰え、インスリンの分泌量が少なくなってしまいます。こうなると、血糖値はますます下がりにくくなってしまいます。
 そこで、阻害物質によって上がってしまったインスリン抵抗性を改善するために荷花掌が必要なのです。また、荷花掌は、すい臓の機能を回復し、インスリンの分泌量 も回復してくれますから、前述のような糖尿病の悪循環から脱出する手助けをしてくれるのです。

 血糖値の高い状態が続くと全身の血管が障害されます。血管が障害される仕組みについてはさまざまな説がありますが、血液中のブドウ糖が血管壁にくっついた結果 、化学変化を起こして「活性酸素」が発生することが一つの要因だと考えられています。活性酸素は強い酸化作用をもっており、それによって血管壁を傷つけるのです。この傷が大きい場合には、血管壁に穴が開いて出血が起きることもあります。血管壁に傷ができると、血液中の血小板やマクロファージが集まって傷を修復しようとします。そのため血液が固まって血栓ができ、血管の内腔が狭くなって血流が悪くなります。また、血栓が血管を塞ぎ、血液が流れなくなってしまうこともあります。このようにして血管が狭くなったり、血管が詰まったりすると全身の組織に十分な酸素や栄養を送ることができなくなり、さまざまな合併症が起きてくることになります。
 合併症の発生と進行に大きく関わっているのが活性酸素ですが、活性酸素の毒性は高血圧、高脂血症、肥満、ストレス、タバコなどの危険因子でさらに増悪されます。この悪玉 活性酸素を「そうじ」してくれるのが、多くの植物に含まれるスカベンジャーです。スカベンジャーにはビタミン、ミネラル、酵素などがありますが、最近、注目されているのがポリフェノール類で、中でも荷花掌には、多くのポリフェノールが含まれています。