糖尿病とは

糖尿病とは 糖尿病はすい臓から出るインスリンというホルモンが不足していたり(T型糖尿病)、働きが不十分(U型糖尿病)で起こります。 日本では95%の人がU型糖尿病ですが、このU型糖尿病では、最初はインスリンの作用不足によって、口が渇く、トイレの回数が増える、カラダがだるい、痩せてくるなどの症状が現れます。 糖尿病で高血糖の状態が長く続くと目や神経、腎臓というようなところがおかされます。これらを合併症と言い、糖尿病が恐ろしいのは、この合併症が進行するからなのです。

増加する糖尿病

 糖尿病というと現代病と思われますが、実は古くからあった病気で、紀元前1550年頃、エジプトに最古の記録があり、日本においても平安時代に藤原道長が糖尿病で亡くなったと伝えられています。 現在、日本の糖尿病患者数は、厚生労働省の「平成18年国民健康・栄養調査結果 の概要」によると「糖尿病が強く疑われる」「可能性が否定できない」を合わせて全人口の18・0%、1870万人に達していることが発表されています。
●糖尿病が強く疑われる…………………… 9・8%
(内、治療医薬品を使用中4・7%)
●糖尿病の可能性が否定できない………… 11・9%
●それ以外(=糖尿病ではなさそう)…… 78・2%

この糖尿病患者の増加は、食生活の欧米化(脂質を多く含んだ食事)や自動車や交通 網の発達による運動不足などが原因とも言われますが、ストレスも大きな原因の一つです。


<糖尿病と合併症index >

●糖尿病のしくみ

●放置すると合併症がおこる

●糖尿病のコントロール

●糖尿病の薬物療法

●療法にハーブを加えて万全

●荷花掌の話

荷花掌の体験談
・インスリンでも下がらず。
・7ヶ月で薬をやめられて…
・ストレスがあっても4%台です。(※)
・薬をやめてもいいと…(※)
・合併症の心配もなく(※)
・眼底出血から救われました。(※)
・インスリン寸前から…(※)
・足のシビレも緩和して…(※)

●茶花の話

茶花の体験談
・心不全の恐怖から解放されてインスリンも3分の1に
・透析寸前と言われながら…(※)
・お医者様からも褒められて。(※)
・インスリンが半分に(※)

※はパスワードが必要です下記のお問い合わせでパスワードを取得下さい。(無料)