●荷花掌ご愛用者喜びの声


インスリンでも下がらず
(埼玉 県 北澤道子さん 66歳女性)

私は主人が亡くなってから、ストレスのせいで血糖値コントロールが上手くいかなくなりました。
 主人が亡くなる前はヘモグロビンA1cも6%台で推移していたのですが、亡くなってからは8%〜9%台にまであがってしまいました。やはり、これだけ高い状態が続いたせいでしょうか、今から5年前、目が見えにくくなり病院に行くと糖尿病からくる白内障という事で、目に合併症状が現れました。医者からもこのまま高い状態が続くのも良くないという事で、インスリンの注射を打つように言われました。それから、荷花掌ハーブに出会うまで、少しずつインスリン注射の量 が増えていきましたが、ヘモグロビンA1cが9.1%、食後1時間の血糖値が320r/?にまであがってしまい、医者からは再三コントロールが悪いと指摘されて、私自身も気にかけていた頃、たまたま新聞のチラシをみて、出会ったのが荷花掌ハーブでした。
 飲み始めて2ヶ月、ヘモグロビンA1cが8.5%に、更に驚いたのが食後1時間の血糖値が129r/?にまで下がっていました。わたしは孫の世話をしている事もあり、頻繁に病院に行けないので2ヶ月に1度通 院しているのですが、次の検査ではヘモグロビンA1cが8.1%に、更に最新の検査でヘモグロビンA1cが7.0%になり、血糖値も80r/?と下がってきました。
 飲み始めてからの7ヶ月間、只まじめに荷花掌ハーブを必ず忘れずに飲みました。特別 、運動療法や食事療法も取り組んでいなかったのですが、ヘモグロビンA1cが順調に下がってきたという事は、間違いなく荷花掌ハーブのおかげだと思っています。只、いつも指導員さんに言われるのですが、私自身も努力しなければいけないなと思っています。今後は、運動療法にも力を入れて、なるべく間食を減らしてヘモグロビンA1cを下げていってインスリン注射の単位 を減らしていければと思います。

ヘモグロビンA1c:9.1%→7.0% 血糖値:320→80mg/dl



■お問い合わせはお気軽に!■
0120-875-114
成人病研究会

〒330-0801
さいたま市大宮区土手町1-305-1
TEL048-662-5205
(受付時間)
月〜土曜日:午前8時〜午後8時迄


 

 






<糖尿病と合併症index >

●糖尿病のしくみ

●放置すると合併症がおこる

●糖尿病のコントロール

●糖尿病の薬物療法

●療法にハーブを加えて万全

●荷花掌の話