●荷花掌ご愛用者喜びの声


7ヶ月で薬をやめられて
(岩手県 後桝一郎さん 71歳男性)
平成12年秋に肺炎を患い、その時の検査で糖尿病と分かり驚きました。  というのも、以前、妻が糖尿で長患いをしており、インスリン注射をしても、手足にシビレがあり、白内障の手術を受けるほどだったからです。傍目でそれを見ておりましたから、まさか自分まで糖尿病になるとは思っていなかったのです。  私も薬を飲んでも血糖値180r/?、ヘモグロビンA1c6.8%と良くない数値で、「何か良いものはないのかノ」、と思っていたとき、新聞に入っていた折込チラシを見て直感的に「これだっ!」と思い、すぐ電話をして相談を受けました。  ハーブの力はたいしたもので、飲みだして、毎月、検査の結果が良くなっていき、検査に行くのが楽しみになりました。  そして7ヶ月後、血糖値120〜130r/?、ヘモグロビンA1c5.8%となり、医師も「もう薬はいらないね」と言いながら驚きを隠せないようで首をひねっていました。  現在、2ヶ月に1回だけ検査で病院に行っておりますが、常にA1cは5%台で、中性脂肪、血圧など、大変、安定しております。  食事にはあまり気を使っておりませんが、好きなグランドゴルフやゲートボールにいそしんでおります。



■お問い合わせはお気軽に!■
0120-875-114
成人病研究会

〒330-0801
さいたま市大宮区土手町1-305-1
TEL048-662-5205
(受付時間)
月〜土曜日:午前8時〜午後8時迄


 

 






<糖尿病と合併症index >

●糖尿病のしくみ

●放置すると合併症がおこる

●糖尿病のコントロール

●糖尿病の薬物療法

●療法にハーブを加えて万全

●荷花掌の話