バナジウム

バナジウムは、それを含むミネラル・ウォーターが話題になって一躍、脚光を浴びているミネラルです。
 バナジウムに糖尿病の改善作用があることが、はじめて科学的に証明されたのは、1987年のアメリカ、シェバ・メディカルセンター研究所のJ・メイェロヴィッチ博士らの研究発表からでした。日本では京都薬科大学でも同様の研究結果 が出ており、また、愛媛大学医学部の奥田拓道教授によって、血糖値を下げる「インスリンに似た作用」や、遊離脂肪酸の増加を防ぎ、「肥満から糖尿になることを予防」することが実験で確認されています。
 現在のところインスリンは注射によって補うしかありません。というのもインスリンを口から飲んでも胃腸で消化されて血糖値を下げる作用を失ってしまうからです。ところが、バナジウムはミネラルですから胃腸で消化されず、そのままカラダに吸収されます。バナジウムはまさに「飲むインスリン」と言えるのです。

 

 

 





<ミネラルと健康index >

●健康はミネラルが握っている
〜ビタミンより大切なミネラル〜

●ミネラルの働き
・亜鉛
・クロム
・カルシウム
・カリウム
・セレン
・マグネシウム
・マンガン
・鉄
・銅

●ミネラルQ&A